本ページはプロモーションが含まれています

アドセンスの広告配信制限!!

目安時間 5分

アドセンスの広告配信制限!!

今日は、アドセンス広告の配信停止を

くらった!というお話です。

 

私の場合は、アドセンス広告は、

月に1食分くらいにしかなりませんが、

細々とやってるんです。

 

細々となのでダメージは、小さいですが、

Googleアカウントのメールアドレス宛に、

 

「お客様の AdSense アカウントでの

広告配信を制限しました」

 

というメールが来たんですよ。

なんで??

 

自分自身でアドセンス広告をクリック

したりは、していないので、

アドセンス狩りにやられた?

 

というわけで、アドセンスの管理画面

を確認。

 

アドセンスは、アカウントの停止と

広告配信の制限があるようですが、

今回は、広告配信の制限でした。

 

「表示できる広告の数が制限されて

います。詳しくは、ポリシー センター

をご確認ください。」

という表示でした。

 

早速、ポリシーセンターをチェック!

・・・

よくわからん・・・

 

無効なトラフィックが原因ということ

だけはわかった。

 

次にアドセンスのレポートを確認。

 

メールが来る前日の表示回数が

通常の2倍になっていました。

 

アナリティクスを見ると、PVが

いつもより多い。

 

でも、たかが2倍ですよ?

順位変動やトレンド記事などでは、

あり得そうだけど厳しくない?

 

そういえば、プラグインの

「Ad Invalid Click Protector」

を入れてますが、なぜ?

 

早速調査!

 

 

え?

「Ad Invalid Click Protector」

は、スマホやタブレットはダメ?

 

PCのみなんですね。

スマホやタブレットで見る人の方が

多いのに・・・

 

しかも・・・

 

「functions.php」にショートコード

を設定する必要がある!!

 

知らなかった・・・

機能してなかったんですね・・

 

私は、アドセンスは、メインでは

ないのでしばらく様子を見ますが、

もしこの記事をご覧のあなたが、アドセンスで

稼ぐ!とお考えなら、対策を確認

しておいた方がよさそうです。

 

プラグインだけでは、不十分なので

不正クリックをするIPを特定できる

ツールを利用して

「無効なクリックの連絡フォーム」

から報告するというのも考えて

おいた方がよさそうです。

 

それでは、その後どうなったかは、

別の機会にお伝えしますね!

 

あとがき

今回は、アドセンスの広告配信

制限をくらったお話をしましたが、

不正クリックをした方ではなく

まじめにやっている方が損害を

受ける・・

 

なんだかなぁと思いますが、

メディア側が対策をするというのは、

仕方ないことですね。

 

そういえば、数日後にこんなタイトル

のメールが着ました。

 

「収益が 71% 減少しました。

改善しましょう」

 

いやいや。配信制限をしておいて

そんなこと言われても。

 

早く制限解除して!

 

※メルマガ登録のお名前は、ニックネームでOKです!

この記事に関連する記事一覧