本ページはプロモーションが含まれています

購入に近いキーワード!

目安時間 7分

今回は、購入に近いキーワードを

意識していますか?というお話です。

 

 

 

ブログを始めたころは、良くわから

なかったんですよね。

 

だって、購入するかどうかは、読者さん

次第だし・・・

 

 

 

集客してキラーコンテンツに誘導したら

いいんでしょ?

 

PV増えれば売れるんでしょ?

 

位にしか思っていませんでした。

 

 

 

有名な発信者さんの情報を見ると大体

キラーコンテンツとか集客記事などの

話が出てきますよね。

 

 

どのように誘導して購買につなげるか?

しっかり考えられればいいですが、

できますか?

 

 

私は、まだ無理です・・・

 

 

ブログ初心者でしっかりとしたサイト

設計は、正直難しいですよね・・

 

それができたら初心者ではないと

思うし。

 

 

 

なので、意識したいのは、購入に近い

キーワードかどうか。

そのキーワードを優先して記事を書く。

 

 

0→1を達成する、報酬を伸ばす、

そのためには、必要な考え方です!

 

 

 

それでは、

購入に近いキーワードって何なのか?

 

 

それを知りたいですよね!!

 

 

考え方としては、そのキーワードで

検索する読者さんは、購入に前向き

なのか?購入する前に検索しそうな

キーワードなのか?

 

です。

 

 

だから、それがわからないの!

という声が聞こえてきそうです・・

 

はい、もう少し具体的に。

 

 

 

例えば、口コミ・評判・レビューなど。

 

 

私としては、王道のキーワードだと

思っていますが、おそらく、購入の前

に調べることですよね?

 

既に使っている人の口コミは、知りたい

ので。

 

 

この商品気になるしほしいんだけど、

評判良さそうなら買おうかな。

こんな感じですよね?

 

もちろん、ただ調べているだけ、という

読者さんもいると思いますが、ちょっと

背中を押してあげれば購入に繋がりそう。

 

 

 

口コミやレビューをを調べる心理の裏には、

「失敗したくない」というのがあるはずです。

 

 

誰だって失敗したくないですよね。

お金出して買うので。

 

 

 

その心理を考えると、ネガティブな

ワードというのもチェックしておいた

方がいいです。

 

 

私のサイトで意外とアクセスがあるのが、

「〇〇 デメリット」

です。

 

 

良い部分も気になりますが、悪い部分

を知ったうえで許容できる内容なら購入

したい、という読者さんの心理ですね。

 

 

私も実際に購入する場合に、

☆1~2のレビューを見るんです。

 

 

その内容が私にとって許容できるもの

かどうかを見ています。

 

 

この内容なら私は気にしない、とか

これでは無理だとか。

 

 

ここまでの話で、購入に近いキーワード

というのは、イメージできましたで

しょうか?

 

 

ちなみにネガティブなキーワードの場合

記事の内容には気を配りたいです。

広告主さんがいるので。

 

 

 

では、逆に購入につながりにくい

キーワードは?

 

 

はい、それは、既に持っている人が

検索しそうなキーワードです。

 

 

例えば

 

「○○ 使い方」

 

 

「〇〇 交換方法」

※○○は、消耗品などをイメージ。

 

 

既に持っている人が検索しそうです

よね?

 

 

少し微妙なのが、サブスクなどで見かける

「○○ 解約」

 

すでに利用している人が、解約方法を

確認している場合もありますし、

購入前に簡単に解約できるのか?

を確認している場合もあります。

 

 

なので、サブスクなどの場合は、

おさえておいた方がよさそうな、

キーワードです。

 

 

ここまで一気にお伝えしてしまい

ましたが、なんとなくでもイメージ

できましたでしょうか?

 

 

どのキーワードを優先して記事を

書くか?で迷った場合は、その

キーワードが購入を検討している人が

検索しそうかどうかで考えて下さい。

 

 

ちなみに今回お伝えしたキーワードは、

一例なので、記事を書く際は、ラッコ

キーワードなのツールでしっかりと

確認をしてくださいね!!

 

 

※メルマガ登録のお名前は、ニックネームでOKです!

この記事に関連する記事一覧